Slide 1

真冬の7時間耐久レース
おかげさまで10周年!
これまで沢山の皆様に支えられ開催できました事厚く御礼申し上げます。10周年大会もおもいっきり楽しみましょう。どうぞよろしくお願いいたします。
informationSlide 1 FSWを舞台に繰り広げられるチーム対抗のFSW7時間耐久レース!様々なクルマが真冬のFSWを走ります。 詳細はこちら
team lineup富士スピードウェイ真冬の乾いた空にエキゾーストが響き渡ります! 詳細はこちら
history真冬の祭典FSW7耐懐かしのリザルト集です! 2017年も新たなリザルトが書き込まれようとしております。詳細はこちら

TOPICS

2017年大会ホームページを更新しました。

レースインフォメーション

開催日
2017年1月15日(日)
9:30~16:30
※14日(土)4時間走行会
※8:30~12:30まで
                       
開催場所
〒410-1307
静岡県駿東郡小山町中日向694
富士スピードウェイ
インターナショナルレーシングコース
事務局
有限会社大沼プランニング
宮城県名取市高舘吉田東真坂1
TEL:022-381-7021

LINK



What's New! 最新情報をご案内いたします!

タイトルをクリックすると拡大します。

time schedule・pit

タイムスケジュール、ピット割当

     
■画像をクリックするとタイムスケジュールが拡大されます。
※ピット及びピットルームは、数量制限がある為、2チームで共有していただきます。ご協力の程宜しくお願致します。

FSW

会場となる国際サーキット 富士スピードウェイ F1や数々の国際レース、全日本選手権レースを開催している安全面や設備面共に充実した近代設備のインターナショナルサーキット。
長いホームストレートが特徴で、中速コーナーから高速コーナーなど誰もが一度は走ってみたい憧れのサーキットでしょう!
そのサーキットをステージに節目の第10回目を数えるFSW7時間耐久レース、4時間走行会が開催されます。

  
■画像をクリックするとコース図が拡大されます。


エントリーリスト

2017FSW第10回新春おもいっきり7時間耐久レース参戦チーム
毎年参戦のチームから初出場のチームまで7時間をどう攻略するか?どんなドラマが待ち受けているのか!?
本レースは、エントリーの受付順番によってスタートグリッドが決まります。
10月1日(土)早割り受付開始~

リザルトで見るHistory!



2008年より富士スピードウェイをステージに行われている真冬の祭典!FSWおもいっきり7時間耐久レース!クルマとサーキットをこよなく愛する仲間が年に一度FSWに集まる7耐フェスティバル!
各チーム思い思いの7時間耐久レースを楽しみます。2010年からのリザルトを掲載しました。
2016年も各クラスで劇的なドラマやシーンが観られました。
そして2017年新春!また新たなドラマが・・・!





 







■大会年のバナーをクリックするとPDFが開きます。
■結果表は2010年大会より掲載。

競技規則

特別規則 第1条 大会名称
2017FSW第10回新春おもいっきり7時間耐久レース

第2条 主催者
有限会社大沼プランニング
〒981-1242 宮城県名取市高舘吉田字東真坂1
TEL.022-381-7021 FAX.022-381-7020

第3条 開催場所
富士スピードウェイ国際レーシングコース
〒410-1307 静岡県駿東郡小山町中日向694 

第4条 開催日
2017年1月15日(日)決勝 9:30スタート

第5条 参加申し込み
1.受付期間 平成27年10月1日(土)~
2.受付場所
a)〒981-1242 宮城県名取市高舘吉田字東真坂1
有限会社大沼プランニング
TEL:022-381-7021 FAX:022-381-7020
メール

b) 〒143-0015 東京都大田区大森西5-5-4
AAD内 SOD走行会事務局
TEL:050-3403-8997 FAX:050-3403-8997

3.参加料
①早割 10月1日(土)~10月30日※消印日有効 1チーム185,000円(税込)
②通常 以降 1チーム196,000円(税込)

4.申し込み方法(a-1又はa-2の方法による)(※締切日消印有効)
a)-1、参加申込書、車両申告書、参加料を添えて現金書留等で申込
a)-2、参加申込書、車両申告書、参加料の振込控え(PC振込みの場合画面コピー等)を添付して、メール等で申込
 ・銀行振込先:七十七銀行  閖上(ゆりあげ)支店  普通口座 5083591  メール
b)参加申し込みはチーム代表者が行い、チームに関して一切の責任を追うものとする。

第6条 保険
ドライバーは大会当日、本競技に有効な生命保険に加入していること(尚、生命保険等の内容をご確認下さい。)

第7条 決勝出走台数
60チーム(先着順受付)

第8条 レース
決勝スタ-ト 9:30 ゴール 16:30

第9条 ドライバーの参加資格及び登録人数
有効な運転免許証所持者で、サーキット走行に適応できる基本的な操作が可能な方とする。登録は2~10名までとする。

第10条 参加車両及びクラス区分
1.4輪自動車(但しフォーミュラ及びそれに準ずる車両は除く)オープンカーは、ロールバー必着。
2.改造は自由だが、安全でないと判断された個所については修正しなければ出走できない。
3.クラス区分
R1クラス(スリックタイヤを使用する車両)
R2クラス(Sタイヤ、及びラジアルタイヤを使用するレース用車両)
NS1クラス(排気量2700cc超のSタイヤを使用する№付車両)
NS2クラス(排気量2700ccまでのSタイヤを使用する№付車両)
NR1クラス(排気量2700cc超のノーマルラジアルを使用する№付車両)
NR2クラス(排気量2700cc迄のノーマルラジアルを使用する№付車両)
加給機付(排気量×1.5)ロータリー(排気量×1.4)とする
4.クラス登録は、登録車中の最上位クラスに区分される。以下は例となります。
例①:R2車両の中に、R1車両が含まれた場合は上位クラスのR1クラスでの参加となります。
例②:NR2(ラジアルタイヤ装着)車両の中に、NS2(Sタイヤ装着)車両が含まれる場合は、上位クラスのNS2クラスでの参加となります。
※その他区分について不明な場合はお問合せ下さい。

第11条 ドライバーの装備
レーシングスーツ及びレーシングシューズ着用を強く推奨するが、運転に適した難燃性(綿かウール)の長袖、長ズボン、スニーカーでも可。グローブ、レーシンググローブを必ず使用すること。ヘルメットはJIS二種基準以上。

第12条 参加受付、車両検査、ドライバーズブリーフィング
・参加者は、タイムスケジュール時間通り参加受付を行い、ドライバーズブリーフィングに参加しなければならない。ドライバーズブリーフィングでは諸注意事項など、参加ドライバー同士のルールやマナーの統一を図る為必ず参加して確認しなければならない。
・車両検査はピットでの出張検査で行う。準備が整った方は最寄のスタッフ、事務局までご連絡ください。

第13条 スターティンググリッド
スターティンググリッドは申込受け付け順とする。
第14条 スタート手順
***スタートグリッドへの整列***
・チームのスタッフは指定のグリッドへ車両を誘導してください。
・整列の際、徐行してグリッドについてください。
・グリッド上での記念撮影は誘導の合図があるまで自由に行って結構です。時間までお楽しみ下さい。

1.スタート方法は、ローリングスタートで行われローリングラップは2周とする。
2.スタートの手順や詳細はブリーフィング、アナウンス、公式通知等で知らせる。

第15条 ペナルティ
1.黄旗区間の追い越し違反及び、反則スタートは1件に付き1回のドライブスルーペナルティを課する。
2.ピットロードの制限速度は60km/hとする。速度超過10km/h毎に1万円の罰金が課せられます。
3.走行中を含め他のチームに迷惑を掛けるような行為を行った場合、ペナルティを課する場合がある。
第16条 ピット
1.ピットは指定されたピットを使用しなければならない。
2.ピット内は常に整理整頓に心がけ、作業エリアに工具等を出すのはピットインの直前に行い、終了したら速やかに撤収しなければならない。こぼれた燃料やオイル等はふき取らなければならない。

第17条 ピットイン、ピットアウト
1.ピットインする際は最終コーナーから合図を出しながら、コース右側を走行しピットロードに入らなければならない。
2.ピットロードではファーストピットレーン(最左通路)を走行する車両が優先される。
3.ピットからファーストピットレーン(最左通路)に出る時はチームクルーが誘導すること。
4.EXITレーンを出て本コースに合流する際は、本コースを走行してくる車両に充分注意し、1コーナーを過ぎるまではコース右側を走行し、ホワイトラインを越えてはならない。
5.ピットエンドの信号が赤時の場合コースインできない。
   

第18条 燃料補給
1.給油はガソリンスタンドのみとする。レース中に給油を行う場合は、PITイン後にコントロールタワー脇ゲートより給油所に向かい給油を行う。給油後は再びタワー脇ゲートからピットロードへ戻ることができる。(下記図を参照願います。)


2.ガソリンスタンドは混雑する場合があります。

第19条 車両交代
1.車両交換をするチームは、1周前に交換する車両をPIT内に準備しオフィシャルにその旨を伝えなければならない。
2.走行してきた車両をPIT前に停止させ、ゼッケン及びトランスポンダを付け替えた後、車両はPIT又はパドックに移動しなければならない。ピットロードエンドよりパドック側に出てください。
3.ピット前に停止後4分経過後ピットアウトすることが出来る。その際、ファーストピットレーンを走行してくる車両がないことを確認しピットクルーの誘導でPITアウトして下さい。
4.4分間の停止時間は担当オフィシャルのタイマーを基準とします。
■コース内停車
コース内に停止してピットまで自走で戻れない場合は、危険なのでスタッフの指示で行動して下さい。牽引、又はトランスポンダーを持ち帰り他の車両に取り付けて再スタート可能とする。

第20条 車両の整備について《FSWは高速サーキットです。事故防止の為に、完全な整備で参加してください》
1.参加車両は富士スピードウェイの走行に耐えうる車両で、且つ走行中トラブルなく走行できるよう完全に整備しなければならない。
2.車両の整備不良による重大な事故の原因を発生させたチーム、ドライバーは次の大会の出場が制限される場合がある。

第21条 車両の改造について
1.純正燃料タンクの改造及びタンクの追加は許されない。
2.Rクラスの車両は燃料タンクをFIA公認の安全タンクにのみ変更が出来る。
3.安全でないと判断された車両は出走が許されない。
     

第22条 ドライバー交代
1.ドライバーのみ交代を行う場合は停止義務時間の適用は無い。
2.ガソリンスタンドで給油後ピットに戻り、ドライバー交代後直ぐにピットアウトすることができる。

第23条 セーフティカー(フルコースコーション)
■赤旗中断
競技が正常な状態で進行することが不可能になったとき、セーフティカーの導入により一時非競技化される場合がある。
・セーフティカーが導入されると、全ポストでSCボードと黄旗が表示され、全ての車両はセーフティカーの後ろに一列となり追い越しは禁止となる。
・フルコースコーション中は、いつでも自己のピットに停止できる。
・隊列走行について行けない場合は、無理について行こうとせず方向指示器で合図を出し譲ることが出来る。
・ピットアウト後コース復帰する際は、PITエンドの信号が青点灯の場合コースインが許される。
・セーフティカーが回転灯を消灯した周に退去しシグナルタワーのグリーンランプ点灯で競技が再開される。
・コントロールラインを通過するまでは順番を維持し追越しは禁止される。
・セーフティカー導入中の周回は競技周回として算入される。

■赤旗中断時の対応について■
・セーフティーカー導入が難しい場合は赤旗中断となります。各コーナーポストでは赤旗が掲示されるので、速やかにピットロードに戻りピットエンドに整列して下さい。この際ピットでの作業、ドライバーの交代は自由です。終了後は速やかにピットロードに整列してください。
・再スタートは、ピットロードに整列した順番にコースインし、ローリングスタートとします。
・セーフティカー先導で、回転灯を消灯した周にセーフティーカーが退去し、シグナルタワーのグリーンランプが点灯すると競技が再開されます。この時「コントロールライン」を通過するまでは追越しは禁止されます。
・赤旗中断中も時間のカウントは行われます。

第24条 競技の終了
1.競技の終了は7時間経過後、トップ走者よりチェッカーフラッグが振られ示される。
2.競技の時間には赤旗中断時間も含まれます。

第25条 順位の認定
順位はチェッカー旗を受け、規定時間内の周回数の多い順とし同周回の場合はフィニッシュラインの通過順とする。(チェッカー優先)

第26条 参加者の遵守事項
1.コースはいかなる場合も逆走は禁止される。
2.迷惑が掛かるような走行や危険な行為を行ってはならない。
3.オイル漏れなど発生した場合はピットまで戻らず、必ず安全な位置に停車させること。(コース清掃には大幅に時間がかかります)
4.全ての参加者は競技役員の指示に従わなければならず、主催者や役員及び他の参加者の名誉を傷つけるような言動をしてはならない。
5.参加者はサーキット走行のために、体調万全な状態に保たなければならない。

第27条 賞典及び入賞制限
クラス別にトロフィーが授与される。(台数によっては制限される。)
3台……1位のみ 4~5台……2位まで 6台以上……3位まで
※賞典はブリーフィングルームにて正式結果発表後速やかに行いますので、該当チームは集合して下さい。

第28条 主催者特別出走枠
第7条決勝出走台数に加え、主催者が特別に許可する車両の出走枠を設ける。

第29条 参加料の返却
一度受理された参加料は返戻されない。但し、地震、風水害、降雪、事件、事故等、不可抗力による中止の場合は、参加料の80%を返戻するものとする。

第30条 個人情報の取り扱いについて
主催者は個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を厳守するとともに、主催者の個人情報保護方針に基づき個人情報を取り扱います。ご提供頂いた個人情報は、ご本人から同意を得た場合または法令により許された場合を除き、第三者に提供いたしません。また、大会中に撮影された映像に関する所有権は主催者に帰属し、大会事務局発行のプログラム、チラシ、ポスター、ホームページへの掲載等、広報宣伝ツールとしてのみ使用致します。
2016年9月7日



補足・その他遵守事項について


■コースでの危険回避
・トラブル等で低速走行する場合は、コースの右側を走行して下さい。コーナーポストでは白旗対応が行われます。
・追い越しされる場合(追い越される側)は進路を変えずにそのままのラインを走行し、追い越す車輌(速い方)がラインを変えて追い越しをする事。
・ラインを譲りたい場合は、方向指示器で合図して後続車に知らせる事ができる。
・コース上やグラベルに停止し、再スタートが出来ない場合は後続車両が来ていないか、必ず後方の安全確認をしてから車両を離れ、速やかにガードレールの外側に退避して下さい。ヘルメットは被ったままです。尚、オフィシャルの合図や指示に従ってください。


危険走行のガイドライン図お互いに気持ちよく走行して頂く為に、上図の内容には特にご注意下さい。 

■FSWは高速サーキットです。車両の整備を万全に行ってください。
・FSWは高速サーキットです。車輌にかかる負担がかなり大きいことを充分に認識して整備は完全に行ってください。
・車両の整備不良による事故は、重大事故につながり人命にかかわることがあります。念には念を入れて整備してください。
・FSWはホームストレートが長く、第1コーナーでのフルブレーキング、ヘアピン、ダンロップコーナーなどのブレーキングは、ブレーキにかかる負担が大きいものがあります。ブレーキパッドの残量が充分にあるもの、またサーキット用を装着してください。
・オイル漏れ等は他の走行者に大変迷惑をかけます。オイル処理等で大幅に走行が中断になるだけでなく、クラッシュ事故等の原因にもなります。必ずエンジンやデフ、ミッションなどのオイル漏れがないように完全に整備してください。
・レース中であっても、危険と判断された車両は走行を遠慮して頂く場合がありますのでご理解のほど、よろしくお願いいたしします。

■場内の設備及びピット
・ピットは共同で使用願います。また、常に整理整頓して使用しましょう。
・ピット内は火気厳禁です。タバコ、ストーブ、ハロゲンヒーター、調理用コンロ等直火類は禁止です。
・パドック側のピット入口(シャッター前)は駐車禁止です。テントも張れませんので緊急通路の確保にご協力願います。
・ピットのエアーチャックの数は限られておりますので、同じピットの方と分岐して使用して下さい。ソケットは各自ご持参願います。
・ピットの電源コンセントの分岐コンセントはご持参願います。尚、電気容量は限られておりますので大容量の機器がある場合は、発電機をご準備ください。
・ピットにはモニターがあります。コース画像、ラップタイムが写ります。
・ピットには水道蛇口とトイレがあります。キレイに使用してください。
・有料のシャワー施設があります。
・パドック内にレストラン&おみやげの販売所があります。(営業時間 8:30~15:30)
・販売所では部品等の販売は行っておりません。

■パドックの利用について ・他のチームの迷惑にならないように駐車してください。 ・レッカー車、救急車、その他緊急車両等の通路確保にご協力願います。通行の妨げになると運営に支障をきたす場合がありますのでご協力願います。
・パドック内は徐行です。一般の方もおりますので徐行運転でお願いします。
・テントを張る場合は、必ず風対策は行ってください。

■入場について
・サーキットへの入場料は各自お支払の上、ご入場ください。(FSWライセンス、JAF会員、ゴールド免許等の各種割引があります)
・場外へ出る時は、ゲートで半券にスタンプを押してもらい再入場時に利用してください。

■その他
・走行するにあたり、体調の管理を万全にして下さい。
・サーキット走行は、冬でも発汗により脱水症状になる場合があります。水分は充分に摂取して下さい。
・走行する選手は飲酒、薬物、危険ドラッグ等を絶対に使用してはならない。

■計測用発信器(トランスポンダー)返却について ・走行終了後は速やかにご返却願います。

コース上で提示される信号フラッグ


ドライバーにコース状況を伝える唯一の道具です。
コース内では状況に応じて、コーナーポストで信号フラッグが提示される。
走行するドライバーは絶対に見落としてはならない。

   
                      ■↑画像をクリックすると拡大します。

平成29年1月14日(土) おもいっきり4時間走行会(先着受付)


練習走行!やセットアップに最適!タップリ走れる、おもいっきり4時間走行会!
スポーツ走行、運転技術アップ、翌日の練習走行、セットアップ、車両のテスト等など!様々な用途にどうぞ!

開催日時:平成29年1月14日(土)8:30~12:30(慣熟走行後4時間フリー)
料  金:早割り40,000円、通常42,000円、以降47,000円(税込・計測料含・※保険料別)
申込方法:①申込用紙をダウンロードして必要事項を記入→ ②ご入金→ ③申込用紙とご入金控えをFAX→ ④後日、参加受理書を送付致します。
※メールで申込む場合は、申込書とインターネット振込み画面のコピーを添付してPDF等で送信願います。
※定員になり次第受付は終了とさせて頂きます。

   

各申込用紙、資料のダウンロード(PDF)


***7耐参加申込はこちら***
■エントリー用紙と車両申告書【PDF】
■エントリー用紙と車両申告書【Excel入力】

***4時間走行会申し込みはこちら***
■参加申込書【PDF】
■参加申込書【Word 入力】

***規則関係はこちら!***
■特別競技規則、諸注意事項(更新日付をご確認下さい。)【PDF】
■7耐レース中の給油順路図【PDF】

inserted by FC2 system inserted by FC2 system